wedding items

ウエディングアイテムは挙式のご招待から当日はもちろん、
新生活をおくるおふたりに寄り添い、感動の瞬間をともに刻むアイテムの数々

ペーパーアイテム - ペーパーアイテム -

1.挙式・披露宴前のアイテム

招待状は、おふたりからゲストへの最初のメッセージ。

Invitation "招待状"

ゲストを挙式や披露宴にお招きするための案内状です。
大切な方々へ、招待状を送る。それは、おふたりの幸せな気持ち、お招きする方々への感謝など、さまざまな思いを届ける最初のご挨拶です。
本状・封筒・返信ハガキ・封印シール・付箋・地図で1セット。本状には、日時・会場・返信期日のお知らせが入ります。

2.挙式・披露宴当日のアイテム

それは、ゲストのもっとも近くで、おふたりの思いを伝えるもの。

お席をご案内する「席順表」や「席札」、お食事の流れをお知らせする「メニュー表」なども、当日いそがしいおふたりに代わってゲストの方々をエスコートしてくれる大切な存在です。招待状を含め、それらすべてのペーパーアイテムをトータルにコーディネートするのが主流となった今。ちいさなアイテムにまで行き届いたそのこだわりは、ゲストへのおもてなしの形となっておひとりおひとりの心に伝わっていきます。

  • Name Card "席札"
    披露宴会場でゲストの席に置かれる名札です。
    お名前を記したカードが、「ここがあなたのお席です」ということをお知らせします。着席から開宴までの間に読んでいただけるよう、空いているスペースに手書きのメッセージを添える心配りもおもてなしのひとつです。
  • Seat Map "席順表"
    受付でお渡しし、ゲストをお席までご案内するアイテムです。
    肩書などを付ければ、ゲスト同士の紹介にも。裏面におふたりからの挨拶文やプロフィールを印刷することも可能です。開宴までの時間に新郎新婦様の人柄を知っていただくことで、パーティがより楽しいものに。
  • Menu Card "メニュー表"
    パーティ当日に提供されるコースメニューが一覧できます。
    ゲストの方々を、こだわりのお食事とお飲物でおもてなしする際に欠かせません。開宴中に幾度となく手にするメニュー表は、披露宴当日、ゲストにとっていちばん身近なアイテムです。

ウェルカムアイテム - ウェルカムアイテム -

パーティが始まる前の待ち時間も楽しく過ごしてもらうためのアイテムです。おふたりがその場にいなくても、
ゲストにおもてなしの気持ちを表す方法はたくさんあります。ふたりらしさを盛り込んでゲストをお迎えしましょう。

Welcome board "ウェルカムボード"

ウェルカムボードは、挙式後、お二人より一足早く、パーティ会場でゲストの皆様をお迎えするアイテムです。ゲストへの「ありがとう」の気持ちを伝え、これからはじまる楽しいひとときを予感させてくれます。パーティ後や、想い出とともに、お部屋のインテリアとしてご活用ください。

  • Welcome doll - ウェルカムドール -
    受付にておふたりのかわりに微笑ましくゲストの皆様をお出迎えしてくれます。
  • Welcome obJect - ウェルカムオブジェ -
    お二人のイニシャルを添えたり、写真を並べたりおふたりらしさが伝わります。
  • Welcome goods - ウェルカムグッズ -
    パーティが始まる前にキャンディーやチョコレートを渡して、ほっとひと息。又は、身に着ける共通アイテムを渡すと、ひとつになって祝福する気持ちが高まります。
  • Guests book - ゲストブック(芳名帳) -
    パーティの受付でゲストの皆様が名前や記帳を行う本。芳名帳(ほうめいちょう)と呼ばれることもあります。その後、年賀状やお礼のお手紙など、改めて祝福を振り返る時に役立ちます。最近では、思い出のアイテムとしておふたり宛てのメッセージを書いていただいたりすることも。

"パーティアイテム"

ゲストと一緒にパーティを盛り上げるアイテムです。パーティ中の演出を考えるときは、ゲストの年齢層や顔ぶれを意識することが大切です。フォトプロップスでの写真撮影やキャンドルを使っての演出などアイテムもさまざま。大切な方に感謝の気持ちを伝えるサプライズな演出にも利用できます。

"リングピロー"

リングピローは結婚式の大事な儀式、指輪交換を演出してくれるアイテムです。ドレスに合わせて選んだり、挙式後にはインテリアとしてお部屋に飾ったり、小物入れになるものもあります。 リングピローには、おふたりの赤ちゃんが生まれたときに「ファーストピロー」として使うと、これからずっと幸せでいられるという言い伝えもあります。